ボディメイクはタンパク質

本気で、アブクラックスを作るなら、トレーニングも大切ですが、食事にも気を使いましょう。

 

 

ボディメイクにはどうしてタンパク質なのか?

 

身体づくりは、三大栄養素の摂取バランスで決まります。
タンパク質、脂質、炭水化物。世の中には数えきれないほどの栄養素がありますが、人間のエネルギーになるのは、この3つです。
このため、三大栄養素として、どれもなくてはならない栄養素なんです。

 

ボディメイクにはタンパク質と言わrているのは、摂取したタンパク質は、すべて身体の材料となって使われるからです。

 

 

脂質は体内に貯蔵されやすいうえに運動時に放出されにくい

反対に、体内に貯蔵されやすいのが脂質です。
脂質は、運動時のエネルギーとしても放出されにくいため、体内にとどまりやすく、ボディメイク時には、脂質を積極的にとるものではありません。

 

炭水化物はガソリンとしては優秀だけど身体の材料にはならない

また、炭水化物は、人間にとってガソリンのような役割をはたしています。
炭水化物は、運動時のエネルギーにはなりますが、身体の直接的な材料にはなりません。
筋肉や、骨、皮膚い、髪、爪などにはならないうえに、不要なタイミングで摂取した場合、体脂肪として蓄積されていきます。

 

このため、ボディメイキングのときに最も優先されるのは、たんぱく質なのです。

 

 

タンパク質が不足すると?

 

ボディメイクには、欠かせないのがタンパク質です。
タンパク質が不足すると、体脂肪を燃やしてくれる筋肉が作り出せず、どんどん痩せにくいカラダになっていきます。
日本人の場合、食事の主役は炭水化物になりがちで、たんぱく質は不足しやすいのです。

 

1日あたりに摂取したほうがいいタンパク質量は?

 

ボディメイク時には、体重1キロあたり2グラムを目安とするのが通例です。

 

皮のない鳥の胸肉100gの中には約25gのたんぱく質が含まれています。
さすがに毎日むね肉を3食食べるのは現実的ではないため、ボディメイク中のタンパク質を効率よくとるために、プロテインなどを摂取するのです。

 

 

女性用のプロテインとして美容成分が入っているこちらがおすすめです。
摂取しづらいタンパク質を補いながら美腹筋を拭くりたい人はこちら
↓↓↓